ベッキー



    1: アトミックドロップ(東京都)@無断転載は禁止 2016/05/12(木) 10:56:38.88 ID:kEnmmTZO0 BE:639823192-PLT(15000) ポイント特典
    「ベッキーは週刊文春に送った手紙で川谷との不倫を認め、奥さんに謝罪の言葉を並べていますが、
    周囲には"男女の関係"には至っていないと説明しているようです。
    最後の一線を越えるのは、あくまで川谷の離婚が成立して、きちんと付き合うようになってから、
    というつもりだったとの主張なのでしょう」(前出芸能関係者)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000000-tospoweb-ent

    引用元: 【朗報】ベッキー、えっちはしてなかった [無断転載禁止]©2ch.net

    【【朗報】ベッキー、えっちはしてなかった】の続きを読む

    1: 楽エロ 速報 芸能・他 2016/05/10(火) 21:04:17.69 ID:CAP_USER9
    不倫騒動の相手・川谷絵音(27)が9日に離婚を発表したことを受け、タレント・ベッキー(32)が、
    番組司会の立場のまま休演しているフジテレビ系の生番組「にじいろジーン」(土曜、午前8・30)を制作する関西テレビは10日、
    デイリースポーツの取材に対し、「(復帰時期は)現段階では未定。
    タイミングや番組を取り巻く環境を考慮して検討したいと考えております」と回答した。
    同番組は、ベッキーのテレビレギュラー中唯一の生放送。

    テレビ・ラジオ計11本のレギュラーを持っていたベッキーは1月末から休業。活動再開時期に関しては一部で今月末との見方も広がっているが、
    ベッキー側からの復帰希望の有無に関して、同局は「先方の事務所と引き続きお話をさせていただいてますが、詳細についてはお答えできません」とした。

    同局は1月の不倫騒動拡大後も、ベッキーの司会続投の方針を福井澄郎社長が明言したが、
    1月29日にベッキーの所属事務所側からの申し出を受け「当面の出演見合わせ」を発表した。

    同番組には4月から女優・清水富美加が加入したが、あくまでMCではなく、新レギュラーというスタンス。
    現在もベッキーの司会ポストを空席にしたまま、山口智充、ガレッジセールが番組進行している。
    ベッキーの番組復帰に関して同局は「タイミングと番組を取り巻く環境を考慮して検討したいと考えています」とした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000078-dal-ent
    デイリースポーツ 5月10日(火)18時8分配信

    no title

    引用元: ・【芸能】ベッキー唯一の生番組「復帰は未定」 関西テレビ「にじいろジーン」タイミングや番組を取り巻く環境を考慮して検討したい [無断転載禁止]©2ch.net

    【【芸能】ベッキー唯一の生番組「復帰は未定」 関西テレビ「にじいろジーン」タイミングや番組を取り巻く環境を考慮して検討したい】の続きを読む

    西川史子


    1: 【楽】エロ速報 芸能・他 投稿日:2016/03/27(日) 19:46:21.40 ID:CAP
    日刊スポーツ 3月27日 16時52分配信

     タレントで医師の西川史子(44)が、不倫騒動で活動休止に追い込まれているタレントのベッキー(32)に対し
    いまだ怒りが収まらない心中を明かした。

     27日放送のTBS系「サンデージャポン」では、休業中のベッキーが友人や関係者に
    向けておわびの手紙を送ったとの報道を取り上げた。番組にはベッキーと同じ事務所の
    カンニング竹山(44)も出演。ベッキーの近況について
    聞かれると、詳しくはわからないとした上でメールの文面からは元気な様子が伺えるとした。

     竹山は「個人的には、もう戻してやってもいいんじゃないの?と思う」とベッキー復帰に
    前向きなコメントをしたが、
    これにかみ付いたのが西川。不倫は家庭の問題だとした竹山に対し、「イメージというものがあるじゃないですか。
    女性側の感情としては、なかなか許せない」と自身の見解を示し「あんまり見たくない」とまで言い切った。

     西川は同じく番組で取り上げられた乙武洋匡氏(39)の不倫・謝罪騒動については、
    「障害を持って結婚されて、今までの結婚生活の中で私達の知らないような苦しみとか悩みがあって、 それを乗り越えて一緒にいられるのだと思うので、普通の不倫と一緒にしては
    いけない気がする。ネットで
    たたかれてるかもしれないけど、二人の間には
    人からはわからないつながりがあるんだろうなと」と
    コメントしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160327-00000111-nksports-ent

    引用元: ・【テレビ】西川史子、ベッキーにいまだ怒り「見たくない」

    【【テレビ】西川史子、ベッキーにいまだ怒り「見たくない」】の続きを読む

    1: 【楽】エロ速報 芸能・他 投稿日:2016/03/27(日) 18:08:39.68 ID:CAP
    ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との不貞騒動で芸能活動を休業に追い込まれた、
    タレントのベッキー。
    相変わらず厳しい意見が飛び交う一方で、
    最近では川谷が「誰に謝ればいいんだ」といった逆ギレ発言をするなどしてやり玉に挙げられ、
    世間の批判の矛先はベッキーから川谷へと移行しつつある。

    そうした中、最近では今回の騒動で休業に追い込まれて、
    約10億円ともされる損失を被ったベッキーに対する同情論を追い風に、
    芸能界復帰も取り沙汰されているのである。

    「一部ではベッキーがテレビ局のスタッフなど関係者に直筆の手紙を送ったと報じられていますが、
    要はあれも復帰への下準備と言っていいでしょう。復帰の時期については、今秋をめどにしているようです」(芸能プロ関係者)

    すでに所属事務所では復帰のプランも計画されているようで、

    「まずは主婦向けながら普段はあまり芸能スキャンダルを扱わない女性誌で本人のインタビュー記事を
    掲載してもらい、反省と謝罪の意を伝えることで世間の同情を誘おうと考えているようです」(前出・芸能プロ関係者)

    不貞騒動にもっとも敏感に反応する主婦層を何とか味方につけようという魂胆なのだろうが、
    スポーツ紙の芸能デスクはこう語る。

    「狙いはわかりますが、いくら女性誌でキレイな形で復帰を飾ったとしても、失った信頼を取り戻すのは
    そう容易ではない。とくにベッキーは好感度タレントとして活躍していたわけで、復帰したところで以前と
    同じようにCMなどにバンバン起用されるということはないでしょう。難しいところではあると思いますけどね」


    覆水盆に返らずと言ったところか。


    http://news.infoseek.co.jp/article/asajo_8403/

    ベッキー

    no title

    引用元: ・【芸能】 復帰作戦が始動中!ベッキー、「スタッフに手紙」の次は主婦層への同情アピール

    【【芸能】 復帰作戦が始動中!ベッキー、「スタッフに手紙」の次は主婦層への同情アピール】の続きを読む

    ベッキー

    1: 【楽】エロ速報 芸能・他 投稿日:2016/03/05(土) 17:20:12.52 ID:SKai6ZHy0.n
    不倫騒動で休業中のベッキーが所属する芸能プロダクション「サンミュージック」が、いよいよ倒産の危機に陥っている。
    務所を支える屋台骨・ベッキーが巻き起こしたロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫騒動の代償は、かなり高くことが予想されており、
    1968年創業の名門プロダクションは、このピンチを乗り越えられることができるか不安視されている。

    「休業前までそれぞれ10本のCMとレギュラー番組を抱えていたベッキーだけで、サンミュージックグループの20%以上の売り上げを占めていました。
    それが丸々無くなるどころか、違約金まで払わなければならないので、経営的には大打撃ですよ」(芸能プロ関係者)

     サンミュージックは50年近い歴史の中で、岡田有希子、桜田淳子、酒井法子ら看板タレントが悲劇に見舞われたり、
    スキャンダルを起こしたりしてきたが、そのたびに新たな“新星”が出現し、事務所を救ってきた。前出芸能関係者は、
    「ベッキーの次に売り上げが多いのはカンニング竹山ですが、彼の働きを持ってもベッキーの分をカバーすることはできない。
    今のところ期待の新人も現れる気配もなく、今回ばかりはかなり厳しそうです」と暗雲が立ち込めている現状を憂いている。

    当のベッキーは騒動当初は川谷と別れないという姿勢だったが「あまりの騒動にビビッた川谷が、一方的に連絡を遮断し逃げちゃった」
    (テレビ局関係者)とのこと。ベッキーにとっても、サンミュージックにとっても、泣くに泣けない事態となっている。

     このままでは、“両成敗”とはいかず、ベッキーサイドだけが損をする結末になってしまいそうだ。

    http://tocana.jp/i/2016/03/post_9087_entry.html

    引用元: ・ベッキー余波でもうボロボロ…サンミュージックが金融機関との取引中止で倒産危機 許してやろうぜ?

    【【悲報】ベッキー余波でもうボロボロ…サンミュージックが金融機関との取引中止で倒産危機 許してやろうぜ?】の続きを読む

    このページのトップヘ