1: ダークホース ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/02(火) 16:35:02.13 ID:CAP
NHKは2日、同局アナウンサーの異動や番組の担当替えを正式発表した。
サンケイスポーツの既報通り、
昨年4月から「ブラタモリ」(土曜後7・30)でタモリ(70)のアシスタントを務めていた桑子真帆アナウンサー(28)が
4月スタートの新番組「ニュースチェック11」のキャスターとなるほか、
橋本奈穗子アナは「NHKニュース7」(土日祝後7・0)に。
橋本アナは新番組「うたコン」の司会も俳優の谷原章介(43)とともに務めることとなった。

NHK美人アナの“春の大異動”が発表された。
橋本アナは現在、関東ローカルの情報番組「首都圏ネットワーク」(月~金曜後6・10)で司会を務めているが、
3月末で卒業。
「NHK歌謡コンサート」のリニューアル番組で、
4月12日スタートの「うたコン」(火曜後7・30)を担当することになった。
1993年4月の同番組開始以降、女子アナの司会起用は初めて。
さらに「NHKニュース7」の土日祝担当も務める。

桑子アナは4月4日スタートの新番組「ニュースチェック11(イレブン)」(月~金曜後11・15)のキャスターへ異動。
「ブラタモリ」、「NHKニュース7」を3月末で卒業する。
「ブラタモリ」の後任は福岡放送局の近江友里恵アナを抜擢(ばってき)。
「NHKニュース7」(月~金曜後7・0)の隔週平日サブキャスターには、
名古屋放送局から池田伸子アナウンサーが起用された。

そのほか、昨年に「やらせ疑惑」が報じられたNHKの報道番組「クローズアップ現代」(月~木曜後7・30)は、
国谷裕子キャスター(58)が3月いっぱいで降板。
4月から番組名を「クローズアップ現代+(プラス)」(月~木曜後10・0)と変更し、
久保田祐佳、小郷知子、松村正代、伊東敏恵、鎌倉千秋、井上あさひ、杉浦友紀アナウンサーらが担当する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000526-sanspo-ent

橋本奈穗子アナ
http://www9.nhk.or.jp/a-room/images/face/385.jpg

【【NHK】 美人アナ“春の大異動”発表、橋本奈穗子アナ「ニュース7」へ 新「クロ現」は7アナが担当】の続きを読む

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 投稿日:2016/02/02(火) 19:04:46.18 ID:CAP
紳助さんが語った「鑑定団」の真実!ベッキー騒動にも言及
井上公造 | 芸能リポーター
2016年2月2日 17時30分配信

一部女性誌の報道で突然、表沙汰となったテレビ東京の人気番組「開運!なんでも鑑定団」の司会・石坂浩二さんの降板問題。2年ほど前から石坂さんの発言がほとんど使われていなかったことも判明したが、その理由に関しては、諸説が飛び交う状態だ。真相を確認するため、同番組を立ち上げ、石坂さんと共に司会を担当した島田紳助さんに電話をしてみた。
友人としてならしゃべるよ

突然、電話した理由を伝えると、紳助さんは「取材やったら勘弁して。次々に取材に来られたら、たまらんから。でも、友人としてなら何でもしゃべるよ。あくまでも友人としてだけど、そのことをテレビで正確に伝えてね」。紳助さんは、2011年の芸能界引退以来、個人的に交流を続けてきたボクを信じて、口を開いてくれた。

まず、10年前の忘年会で石坂さんと制作会社のチーフプロデューサーが口論になったという報道に対しては、「言われてみれば、『あったかな?』という程度の記憶。大騒ぎじゃなかったはず。正直、そのチーフプロデューサーの顔も思い出さないし、個人的には食事や飲みに行ったこともなかったから」。

さらに、石坂とチーフプロデューサーの間に確執を感じなかったかを聞くと、「僕がやっていた間に、石坂さんがしゃべりにくい雰囲気はなかったはず」と断言した。

■特別な思いがあるのは当然

紳助さんによると、同番組は紳助さんにとって初めてのテレビ東京でのレギュラー番組だった。予算が少なかったため、ギャラも他局の番組と比較すると、かなり安かったという。

「僕は骨董品などに関する知識がなかったし、博識で知られる石坂浩二さんにどうしても出演してほしかった。でも、番組には予算がない。僕のギャラを半分渡すから、司会を受けてもらえないか頼みに行ってもらったら、石坂さんは快諾してくれた。たぶん、石坂さんの普通のギャラの半分以下だったはず。それでも受けてくれたのだから、石坂さんが番組に対して特別な思いがあるのは当然でしょう」。

電話を切って、10分ほどして、紳助さんからメールが入った。

そこには「石坂浩二さんなしでは、あの番組が成功しなかったのは、絶対的な事実です。品位と格が番組につきましたから。僕だけでは、単なるバラエティーで失敗してました。確実に」と書いてあった。

この内容を、ボクが出演する「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で放送した日の夜遅く、再び、紳助さんから長文のメールが入った。冒頭は、「ありがとうね、思いを正確に伝えてくれて、感謝です」。

そして、その後にベッキー騒動に関しての見解も書かれていた。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/inouekozo/20160202-00054055/

【【芸能】島田紳助「ベッキーの恋、素敵やん。悪いのは男です」】の続きを読む

このページのトップヘ